株式会社 鳥貴族IR情報 > 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

トップインタビュー

鳥貴族の強みとは

A 当社は創業以来「均一価格」を導入しています。「280円(税抜)均一の感動」というコンセプトのもと、価格・商品・接客・内装にこだわり、低価格・高価値なサービスを提供し続けることで、一過性の経済トレンドに左右されない一貫した強い店舗づくりを行ってきました。
また、単一業態でのチェーン展開をベースにすることで、資本・人財・ノウハウ等を「鳥貴族」に集中しスケールメリットにより質の高い食材を低価格で調達することが可能となっています。
そのほか、メニュー数を絞り込むことで、調達コストの低下とオペレーションの効率化を実現しています。店舗展開では、一般的なフランチャイズチェーンよりも強固なビジネスパートナーとしての関係性を確保することを目的に、新規に加盟店オーナーの募集は行わず、当社の経営理念に共感し当社とともに成長することに同意頂いた限られた加盟店オーナーをカムレード(同志)と称し、相互に意見の交換・提案を行うことで、「鳥貴族」全体で「味」「品質」「サービス」の向上を図っています。

出店計画について

A 関西圏・関東圏・東海圏の3商圏にターゲットを絞った出店戦略により、各エリアでの消費者認知度の向上、仕入れや物流の原価低減と原材料の安定供給のためのルート確保を行っています。その効果から新規出店を強化している関東圏・東海圏は、既存店舗の売上は好調です。独自に行った商圏調査では、3商圏の出店可能店舗数は1,027店舗という結果が出ており、2021年国内1,000店舗に向け物件情報の取得や調査人員の確保など社内体制を強化し、3商圏への集中出店を加速させます。

今後の戦略について

A 中期経営目標である3商圏500店舗、売上高250億円を達成するため、「新規出店の強化」「国産国消への挑戦」「人財基盤の強化」を重要施策として位置づけております。
「新規出店の強化」では、関東圏・東海圏への直営店出店を加速、そのための専門性の高い人財の確保、出店決断の迅速化など社内体制を強化。「国産国消への挑戦」においては、顧客満足度の向上、食材の安心・安全、健康志向を背景とした客層拡大とリピート率の向上を目的に2016年10月からのメニューをもって「食材国産比率100%」を達成いたしました。「人財基盤の強化」は、慢性的な人財不足が問題となっている外食産業において、賃金・労働時間・福利厚生等の労働環境を他社に先駆けて整備し、人財の育成と確保を進めることで出店加速に対応します。

現在重視している経営指標とは

A 当社では持続的な成長と企業価値の向上を実現させるため「売上高成長率」「投資回収期間」「売上高経常利益率」の3つを重要な経営指標として位置づけています。それぞれの目標数値は以下の通りです。

(1)売上高成長率10%(前期比110%)以上を維持する。
(2)新規出店の投資回収は、5年以内とする。
(3)売上高経常利益率を、中期的に5%以上を維持する。

株主・投資家の皆様にメッセージを

A 当社が目指すのは鳥貴族単一業態で2,000店舗、世界一の焼鳥屋です。「焼鳥屋で世の中を明るくしていきたい」という理念のもと、飲食業を通して社会貢献を続け「外食産業の社会的地位向上」を実現させるため、社員一丸となり永遠に愛されるお店づくりに励んでまいります。
まだまだ道半ばではございますが、これからも「280円(税抜)均一の感動」をコンセプトに、低価格・高価値なサービスでお客様に感動を届けてまいります。
株主・投資家の皆様には、今後も中長期的なご支援を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。