店舗検索

分煙対応店舗はこちら 禁煙対応店舗はこちら 鳥貴族公式 facebook

お店に届くまで

お店に届くまで 鶏肉編

鳥貴族のメニューには欠かせないおかわり自由の『キャベツ盛』。
その栽培方法や品質管理、おいしさへのこだわりをご紹介します。

安定供給の取り組み

鳥貴族で使用されるキャベツは現在、約8県、約18業者にて供給頂いています。安定的に供給する為、予め1年間にどの県から調達を行うかを担当業者と打ち合わせます。担当業者は産地と毎月使用量の打ち合わせを行い、安定供給ができるよう生産者様にご協力頂いています。

↓
原料の品質について

週一回程度、畑の生育確認を産地の生産指導員が巡回し、確認を行い、キャベツが大きく育つよう土壌確認を行いながら栽培されます。

↓
収穫について

品質良く、大きく育ったキャベツは生産者様により収穫されます。この時に品質の悪いものがないか目視確認が行われます。葉物野菜は気温の寒暖差、天候不順の影響を受けやすい為、注意しながら収穫されます。収穫後は各生産者様からセンターにキャベツが集約され、出荷されます。

↓
衛生管理について

産地からカットを行う工場にキャベツが届きます。鮮度チェック、洗浄、カットを行いながら各工程でも品質確認を行います。その後鮮度を保持するため真空包装を行い、鳥貴族の店舗に出荷されます。また、工場は定期的に衛生検査を鳥貴族担当者にて実施して、安全性の確認を行っています。

↓
鳥貴族のキャベツへ

おかわり自由の『キャベツ盛』。
お客様に食べられている量は、1ヶ月で約12トン(2017年3月実績)、これを玉数にすると約11,000玉が使用されています。

その他の食材

×